キトー君を癒着した真性包茎に使うコツは3つ!

 

 

ココではキトー君を癒着した真性包茎に使う方法を考えていきたいと思います!

 

 

 

 

まず、キトー君は癒着した真性包茎にも有効です

 

 

 

キトー君で癒着を取る具体的なやり方は??

 

 

・包皮口にキトー君を入れる

・根気よく少しずつ広げて癒着を取る

この2つです

 

 

しかし問題は

いかに包皮口にキトー君を入れるか?になりますが、ここに3つのコツが必要になってきます

 

 

 

 

包皮口にキトー君を入れて広げるやり方としては

↓↓↓

 

 

お風呂で皮をふやかす、指、綿棒から広げる、キトー君の先端を滑りやすくして包皮口に入れる(ローション、ボディーソープなどで)

亀頭に当たらないように少し包皮を縦方向に伸ばすしながら行うと当たらなくて癒着を取りやすい

あとは根気よく広げる作業を続ける

 

 

 

といった形が一番ベストなのではないかと思います

 

 

 

キトー君を包皮口の中に入れるやり方を解説!

 

 

まず、いかに包皮口にキトー君を入れるかということについてですが

 

 

 

真性包茎で癒着している方は包皮口が極端に狭い場合があります

 

 

 

 

そして、キトー君はこのように先端が意外と太いです

 

 

カントン包茎や真性包茎の方の中にはキトー君が入るくらいの包皮口の広さがある方もいますが、

 

 

癒着した真性包茎の方は包皮口が極端に狭い場合が多く、
キトー君の先端が普通にやると入らない、無理やりいれても痛いという問題が発生しやすい状況にあると思います

 

 

そんなキトー君を狭い包皮口に入れるコツを3つお教えしようと思います

 

 

 

キトー君を包皮口に入れるやり方⓵ お風呂で10分ほど包皮をふやかしてから行う

 

 

これは読んで字のごとくです

 

お風呂に入って温まるとと指のしわがふやけますよね?

 

あれと同じ要領で実は包皮も伸びるんです

 

 

中々未成年や、実家暮らしの方はキトー君を浴槽にもっていくのは難しいところではございますが、

 

もしできるのであれば包皮が伸びてすごくキトー君が入りやすくなるのでお勧めいたします

 

 

 

 

キトー君を包皮口に入れるやり方②指、もしくは綿棒から広げて始める

 

 

まずはキトー君からじゃなくて指か綿棒から包皮口を広げていこうというやり方です

 

 

 

綿棒でのやり方はいたってシンプルで
2本の綿棒を包皮口に入れて広げてから、キトー君を入れるというやり方です

 

 

実際、綿棒で癒着や真性包茎を治したという方もいますが、綿棒の耐久性、根気、ともに大分効率が悪いので、ある程度綿棒で広がったら

 

 

キトー君に入れ替えることをお勧めいたします

 

 

 

 

指でのやり方は

・自分の指を包皮口に入れて広げる方法と

・包皮の先端部分を両側からつまんで外方向に引っ張りあうというやり方です

 

 

 

これで少し広げてからキトー君を入れるというやりかたになります

 

 

一応指でも包茎は治せるには治せるのですが、やはり根気は必要になってくるので、ある程度包皮口がひろがってきたら、キトー君に変えることをお勧めいたします

 

 

 

 

 

キトー君を包皮口に入れるやり方③キトー君の先端の滑りをよくする

 

 

これもシンプルですが、キトー君の先端を滑りやすくして包皮口にいれるというやり方です。

 

 

ボディーソープやローションなどを先端に塗り、包皮口に入れると入りやすいので

おすすめのやり方です

 

これも実家暮らしや未成年の方には中々難しい部分もあると思いますが、

 

 

キトー君を包皮口に入れる有効なやり方だと思うので、ぜひ試してもらいたいです

 

 

 

以上、キトー君を包皮口に入れるやり方でした

 

 

 

一つのやり方では無理だとしても組み合わせることでキトー君が包皮口の中に入りやすくなると思うので、

 

 

効果が実感しにくい方は上記のやり方を組み合わせて行ってみてください!

 



 

 

キトー君が包皮口に入るようになったら、、癒着を根気よく剥がす

 

 

さぁここからが本番です

 

 

剥けたことのない亀頭は少しの刺激でも痛みを伴うので

 

キトー君が亀頭に当たらないように少し包皮を縦方向に伸ばしながら行うといいです

 

 

また、焦りは禁物です

癒着した亀頭を包皮からはがす行為は無理にやると痛いですし、

毎日少しずつキトー君で横に広げて癒着をはがしていきます

 

 

 

そこで冒頭にお伝えした根気よく続けられるかという言葉につながります

 

 

僕自身も経験があるのですが、結構最初のうちって焦っちゃって一気にやったり、

いけるんじゃないか?って無理してグッとはがしたり、剥いたりしてしまって

痛い!と後悔しました

 

 

とくに癒着した包茎は無理にはがそうとすると出血してしまうというデメリットがあるので、

 

 

キトー君が包皮口に入ったいいときだからこそ、なるべく痛くないように根気よく、少しずつはがしていきましょう!

 

 

 

キトー君での癒着の取り方についてのまとめ

 

 

 

キトー君で癒着はとれる

いかに包皮口にキトー君を入れるか?根気よくはがせるかにかかっている

お風呂で皮をふやかす、指、綿棒から広げる、キトー君の先端を滑りやすくして包皮口に入れる(ローション、ボディーソープなどで)

亀頭に当たらないように少し包皮を縦方向に伸ばすしながら行うと当たらなくて癒着を取りやすい

あとは根気よく続ける

 

 

 

 

↑↑↑

という風にまとまりました

 

 

 

ぜひ、包皮が癒着している方にもキトー君を試してもらい、癒着を痛みなく、リスクなく取り除いてほしいです

 

 

 

 

10000円をかけてキトー君で痛みやリスクなく癒着を取るか?

痛みや出血するリスクを抱えながらムキムキ体操などで癒着を取るのか?

あなたはどちらで癒着をとりたいですか?

 

 

 

キトー君の詳細はコチラ

↓↓↓



 

 

 

PS、包茎による癒着について

 

 

 

包皮の癒着は亀頭と内側の包皮が恥垢によって張り付いてしまっている状態です。

 

 

 

画像で見るとこの内側の黒いところと外側の赤いところの部分が張り付いているような状態です

 

 

 

これをキトー君で剥がすという方法ですが、

 

 

キトー君であれば包皮口に入れてしまえば横に広げるようにしてはがせるので他のやり方よりかは痛みを感じないと思います

 

 

他に自分で癒着を取るやり方としてはムキムキ体操というものがあります

 

 

これは亀頭を露出させるように包皮を引っ張って、痛みの限界まで来たら元に戻して、また繰り返すというやり方です。

 

 

毎日根気よく続けられればこれも有効な方法なのですが、中々焦りといけるんじゃないか?という思いから一気にやってしまって痛い!や出血した……などの口コミがあったりします

 

 

ムキムキ体操も有効で自分で癒着を取る素晴らしいやり方だとは思いますが、
¥10000をかければあればムキムキ体操よりも安全で痛みなく癒着を取ることがキトー君で可能だと思うので、試してみてほしいという思いがあります

 

 

また、キトー君は効果がなかった場合返金、手術保証までしてくれるので

効果が出なかったときはお金が返ってくるというメリットもあります

 

 

 

↓↓↓

 

キトー君の返金、手術代保証のやり方についてはコチラ

 

 

 


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/loomservice/xn--nckm6dvergy88ra71m8xh5pa5588b.xyz/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/loomservice/xn--nckm6dvergy88ra71m8xh5pa5588b.xyz/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/loomservice/xn--nckm6dvergy88ra71m8xh5pa5588b.xyz/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35